第2回 医療マンガ大賞

第2回 医療マンガ大賞
sponsored by  横浜市

 

第2回 医療マンガ大賞について

開催背景-市民・医療従事者・行政が「視点を合わせる」

超高齢社会において、医療を必要とする人が増加する中、誰もが必要なときに必要な医療を受けられるようにするためには、市民。医療従事者・行政が医療に関する共通意識を持つことが重要です。しかし、医療現場では、同じ出来事でも、患者と医療従事者では、受け取り方や感じ方が異なることが少なくありません。そうした医療に対する視点の違いや想いを可視化することを目的に、横浜市は、「医療マンガ大賞」の取組みを開始しました。

医療マンガ大賞公式HP

 

対象

どなたでもご応募いただけます。

 

応募受付

9月17日(木)0:00〜

 

応募締切

10月15日(木)23:59まで

 

結果発表

11月下旬予定

 

受賞特典

大賞 (1作品)

原稿料30万円+受賞者のミニインタビュー付きで、日経メディカル(月刊誌)にカラー掲載

※大賞作品については、全部門の応募作品から総合的に、審査員によって選出となります。

 

入賞(8作品)

原稿料7万円+各部門サポート企業から副賞提供

 

募集部門

マンガ作品は、それぞれの部門のテーマを元に、視点を分けて原案エピソード(公式HPへのリンク)をご用意しています。このエピソードをあなたのマンガで表現してください。

 

■人生の最終段階-事例A(supported by 朝日新聞)
 

副賞:人生の最終段階をテーマにした各受賞作の朝日新聞デジタルへの掲載

 

<応募部門>

1:患者視点のエピソード

ILLUST DAYS用応募タグ:20A1

 

2:従事者視点のエピソード

ILLUST DAYS用応募タグ:20A2

 

■人生の最終段階-事例B(supported by 朝日新聞)
 

副賞:人生の最終段階をテーマにした各受賞作の朝日新聞デジタルへの掲載

 

3:患者視点のエピソード

ILLUST DAYS用応募タグ:20B3

 

4:従事者視点のエピソード

ILLUST DAYS用応募タグ:20B4

 

■コミュニケーションの難しさ(supported by 日経メディカル)

副賞:日経メディカルOnlineへの掲載及び日経メディカルまたは日経メディカルOnlineで掲載する漫画やイラスト(カット)複数回作成の依頼(詳細は受賞後)

 

<応募部門>

5:患者視点のエピソード

ILLUST DAYS用応募タグ:20C5

 

6:従事者視点のエピソード

ILLUST DAYS用応募タグ:20C6

 

■2020年の医療現場(supported by メディカルノート)  

副賞:2020年の医療現場をテーマにした各受賞作のメディカルノートへの掲載または導線設置

 

<応募部門>

7:医師視点のエピソード

ILLUST DAYS用応募タグ:20D7

 

8:看護師視点のエピソード

ILLUST DAYS用応募タグ:20D8

 

心がふるえたエピソード(supported by CareNet)

副賞:受賞作のメディアへの掲載及びエピソード公募時の入選作2エピソードマンガ化依頼(詳細は受賞後)

 

<応募部門>

9:医師視点のエピソード

ILLUST DAYS用応募タグ:20E9

 

■応募いただいた作品の使用について

・受賞作品の著作権は本企画の主催者である横浜市に帰属します。また、応募作品については、医療マンガ大賞HP、医療マンガ大賞のPR活動(各種メディアへの掲載や紹介を含む)、SNS投稿、印刷物、資材等の他、横浜市による広報・啓発事業に使用させていただくことがあります。また、朝日新聞・CareNet・日経メディカル・メディカルノート、DAYSNEO、コミチ、およびその関連媒体で使用される可能性があります。同意の上、ご応募ください。

 

応募方法

ILLUST DAYSで応募する際は、
投稿の際に、募集部門に掲載されている題材のエピソードのタグ(赤字部分)を付けてご応募ください。
形式、ページ数に制限はございません。

その他のサイトでご応募する場合(コミチ、Twitterで応募が可能です)は、
「第2回 医療マンガ大賞HP」から応募概要をご確認下さい。

 

審査員紹介

 応募作品の審査は、最前線で活躍するマンガ家や編集者、医療従事者等が行います。(順不同)

 

佐渡島 庸平/㈱コルク代表取締役(編集者)

東京大学文学部卒業。講談社を経て、2012年クリエイターのエージェント会社、株式会社コルクを創業。三田紀房、安野モヨコ、小山宙哉ら著名作家陣とエージェント契約を結び、作品編集、著作権管理、ファンコミュニティ形成・運営などを行う。従来の出版流通の形の先にあるインターネット時代のエンターテイメントのモデル構築を目指している。

 

こしの りょう(マンガ家)

2004年に「モーニング」にて『NS’あおい』でデビュー。2006年には同作品がテレビドラマ化された。2011年から「週刊現代」(講談社)で『町医者ジャンボ』を連載。2013年には同作品がテレビドラマ化。現在は「週刊現代」で『人生はバウンスバック』、看護系webにて現場の看護師さんを取材して描いている『はなうた』を連載中。

 

おかざき 真里(マンガ家)

1967年生まれ。博報堂在職中に『ぶ~け』(集英社)でデビュー。2000年に博報堂を退社後、広告代理店を舞台にした『サプリ』(祥伝社)がドラマ化もされるなど、大ヒット。その他、代表作として『渋谷区円山町』(集英社)、『&(アンド)』(祥伝社)など。フランス、ポルトガル、イタリア、韓国他でも翻訳出版されている。現在は「月刊!スピリッツ」で『阿・吽』、「FEEL YOUNG」で『かしましめし』を連載中。三児の母。

 

山本 健人/SNS医療のカタチ(医師)

2010年京都大学医学部卒業。外科専門医、消化器病専門医、消化器外科専門医、感染症専門医、がん治療認定医など。複数の市中病院勤務を経て、現在京都大学大学院医学研究科、消化管外科。「外科医けいゆう」のペンネームで医療情報サイト「外科医の視点」を運営。Yahoo!ニュース個人、時事メディカル、看護roo!などのウェブメディアで連載。著書に「医者と病院をうまく使い倒す34の心得」(KADOKAWA)、「医者が教える正しい病院のかかり方」(幻冬舎)など。

 

井上 祥/㈱メディカルノート代表取締役・共同創業者(医師)

2009年横浜市立大学医学部卒業。横浜労災病院初期研修医を経て2011年より横浜市立大学大学院医学教育学・消化器内科学、2015年3月に医学博士。一般生活者の医療リテラシー向上を理念に大学院在学中の2014年10月に株式会社メディカルノートを創業し現在、代表取締役。横浜市立大学医学部非常勤講師。日本医療機能評価機構EBM普及推進事業運営委員。JAMSNET東京理事。

 

筑丸 志津子(医師)

1986年東海大学医学部卒業。その後関東逓信病院で内科、麻酔科、皮膚科診療に従事。2002年横浜市青葉区に「松風台クリニック」を開設。2004年10月「ケセラスキンケアクリニック」を開設。横浜市青葉区医師会副会長を務めた後、2019年より横浜市医師会常任理事。

 

城 博俊(横浜市副市長)

1987年横浜市入庁。交通局副局長、政策局担当理事などを経て、2012年病院経営局長に就任。その後2015年新たに編成された医療局局長、交通局長を経て2020年副市長に就任。

 

 

医療の視点プロジェクトとは?

「医療への視点が少し変わることで、異なる気づきが得られ、行動につながる」をコンセプトに2018年10月から取組をスタートしています。民間企業等との連携や、市民の皆様の関心事にフォーカスすることで、より印象に残りやすく、伝わりやすい広報に様々な切り口で取り組んでいます。

横浜市・医療の視点プロジェクト
 

 

応募条件・注意事項

マンガ作品のご応募に当たっては、こちらの、応募条件・注意事項をご確認いただき、同意の上でご応募ください。

<応募条件・注意事項はこちら>

 

 

 

TOP