「ほのぼのホームコメディー(ソアラの瞳は何色ですか!?)5月 タンゴの節句!」

「ソアラの瞳は何色ですか!?」の5月分の4コマです。今回はセリフも多いせいかコマに入りきらずに苦戦してしまって、いつものように説明文の所に書かせていただきました。大変遅くなってしまいましたが、これからも直樹とソアラ、共々よろしくお願いいたします。そしてイラストはクリックしていただくと多少見やすくなると思われます。<(_ _)>

良く晴れた子供の日の五月日和の午後、窓の外ではどこかの家の屋根の上でこいのぼりが風に吹かれて気持ち良さそうに泳いでいます。直樹はソアラに節句のこいのぼりを広告で降りながら小さい頃の思い出を語っています。


直樹
「僕が保育園のころ、こいのぼりやかぶとを持っている子達が沢山いてね。買ってもらえなくてお父さんたちによく駄々をこねた事があったんだけど・・・。」

ソアラは「なあ~。」と直樹が手際よく両手で折っているチラシのこいのぼりを興味げに見つめている。


直樹はソアラに語り続けるように今度はかぶとを折り始めながら・・・。

直樹
「そんなある日に、泣いている僕にお父さんがかぶとのつくり方を教えてくれてね。不思議となぜだか、それで気がすっと晴れたんだ。たぶん普段仕事とかで忙しくて構ってもらえなかったからかな。共働きだったから・・・。それでないものねだりしてる自分が恥ずかしいって事に初めて気づいたんだ。」

ソアラも親身になって直樹の話しとかぶとに目や耳を傾けていたが、不意に何かに見入ってしまった様子。


そんなソアラに気づかずにかぶとを完成させていく直樹。表情にはいつにまにか達成感の笑みが浮かんでいます。

直樹
「だから子供の日だからって別にわがままを言って困らせたりしないソアラは、僕なんかよりずっと立派なおとなだなあ~って、ハハ・・似合う似合う。(*^▽^*)」

直樹は勝手に満足そうに完成して出来上がったかぶとをソアラの頭に乗せて、記念に写真でも一緒にとろうかと言いかけた時「ハッ・・・。\(◎o◎)/!」と初めてソアラがぷるぷると震えているのに気が付いた。


ソアラ、申し訳なさそうに大特売と書かれているチラシを直樹に見せるように泣いている。チラシには「大特売、ちまき&かしわ餅よりどり2つで500円、つくるよりも手軽な安さ!」と書かれていた。

直樹、ソアラの気持ちをさっしたように微笑んで・・・。

直樹
「そっかあ~。そうだよね。ちまきも食べたいよね~~~。(*´▽`*)」
大食いのソアラの事を考えると直樹はチラシを眺めながらく笑いで2つで500円は微妙だなあ~とか家でつくったとしても味の保証は出来ないしなど考えながら、結局はソアラと買いに行くことが目に見えているようです。ソアラの表情をみているとなおさら・・・。(;´д`)トホホ

ソアラ、手づくりのこいのぼりとかぶとを頭に直樹に願望するように泣いて鼻水をすすりながらチラシを見るたび、お腹をグーーーッと。

ソアラ
「なあ~~~!(ソアラくん、だだっこでしゅ・・ぐすん・・( ノД`)シクシク…。)」

窓の外からこっそりと入ってきた透き通るような心地よい風が、ソアラたちを優しく慰めるように包み込み、穏やかなお日さまのぬくもりも一緒に運んで来てくれた。

N(ナレーション)
「欲しいものに大人も子供も関係ないよね。(*'ω'*)」

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ワタリドリさんの最新イラスト

ワタリドリさんの人気のイラスト

投稿者情報

このイラストにコメント

  • いしまる様、こんばんは。ご拝見ありがとうございました。特売をみると僕もつい飛びついてしまいます。♡(*´▽`*)
  • 安売りのチラシみると欲しくなりますね。ちまき美味しいです(^q^)

コメント欄をもっと見る

TOP