「小説『続・桃紅柳緑──アイツと一緒にいる意味と、独りでも戦う理由──』」

  • 2
  • 250
  • 0
  • 公開日 2021年04月14日

小説『続・桃紅柳緑──アイツと一緒にいる意味と、独りでも戦う理由──』著・当麻咲来さん
https://estar.jp/novels/25776855

P14~
【第一章(11)】挿絵描かせて頂きました。
https://estar.jp/novels/25776855/viewer?page=14



******


「おお、うまそ」
俺が一個摘まんで食べると、アキは俺の顔をじっと見ている。

上品な甘さと酸味を味わうよりも……なんでそんな可愛い顔してるかな。てことの方が気になる。じわっとドキドキする感覚が胸に湧いてくる。

「うん、旨い。アキも一個食べてみなよ」
ちょっとドキドキしつつも、俺はためらうことなく、サクランボを一対取り上げてアキの唇に運ぶ。

「はい、あーんして?」
いたずらめかして笑うと、一瞬アキは視線を落とす。仄かに頬が色づくのを見て、ドキドキはもっと高まってしまう。

でも恥ずかしいのか、口はなかなか開いてくれない。
思わず、持っていたサクランボを自分の方に戻して、対になった一方をパクリと食べてしまう。

「あっ……」
咄嗟に、無意識だろう、目の前で好物を盗られてムッとした顔をするアキを見ながら、思わず笑いがこみあげる。

「半分上げる」
そう言うと、キスをする時みたいに、唇を寄せる。俺の咥えているサクランボの対のサクランボが、アキの唇に触れる。

一瞬ためらったアキが瞳を伏せたまま、唇を開き、そのサクランボを口に入れるから。

なんだかかぁっと熱がこみあげてきて、俺はとっさにアキの手を握り締めると、そのままアキの唇を奪う。




*****
小説お借りしています。

  • ツイート
  • ツイート
  • LINEで送る

朔羽ゆきさんの最新作品

朔羽ゆきさんの人気作品

投稿者情報

ファンレター

  • ファンレターはありません

ファンレター欄をもっと見る

TOP