「夏の陽射しと午後のひと時!」

オリジナル小説「蛇の眼の少年」の海路です。版画を用いています。

午後になって、お日さまが西の方各に傾きはじめても、やはり夏の日差しのエネルギーはオーロラのカーテンがはためくように、ぬくもりが半端ではないようです。アパートの窓辺の手すりにもたれて、うたた寝をしていた海路をおやつで足元にこぼした、おこしをねだるように茜色のひかりに照らされながら数羽のすずめたちが戯れています。チュンチュンとゆう鳴き声に海路も穏やかに眠りから覚めた様子です。

父子家庭で一人っ子の海路はいつもこのように1日を過ごしているようです。

海路のイラストはこの絵で取りだめにしていたものが一度終わりましたが、機会を見つけてこれからも描いて行きたいと思います。出来れば小説として新たに最初から・・・。
あたたかいお言葉をくださった皆様方。本当にありがとうございました<(_ _)>
これからもよろしくお願いいたします。♡(*^_^*)

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

ワタリドリさんの最新イラスト

ワタリドリさんの人気のイラスト

投稿者情報

このイラストにコメント

  • いしまる様、こんにちは。素敵なお言葉を感謝いたします。♡<(_ _)>穏やかな風が伝わっていただけたようで嬉しいです。♡(*^_^*)
  • 光の中で、鳥が集まってくる優しげな雰囲気が伝わってきます(^o^)

コメント欄をもっと見る

TOP