「小説挿絵『針の止まった子供時間』」

  • 2
  • 270
  • 0
  • 公開日 2021年03月20日

『針の止まった子供時間』著・晴れ時々猫さん
https://estar.jp/novels/25764762

P65~【現在:恋の名前】3
挿絵描かせて頂きました。
https://estar.jp/novels/25764762/viewer?page=65



**********

  息が白く目の前を揺らめく。その靄の先。

 きちんと正装している見たことないほど綺麗な男が、のぶと杉原さんに笑顔でご祝儀を渡していた。
 ボロボロに泣いているのぶの背中を、杉原さんは優しく撫でていて……。俺の瞳からも涙がこぼれて落ちた。

「……梓……」

 聞こえるほど大きな声で名前を呼んだわけじゃない。だけど梓は俺に気付き、のぶに見せていた笑顔を一瞬消した。

 だけど、すぐにふんわり微笑むと、のぶに視線を戻してその腕をとんっと叩いた。

「じゃ、僕はこれで。お幸せに」

 そう言って立ち去ろうとするから慌てて引き止めようとしたけど、先にのぶが叫んだ。

「待って! 柄沢さんに会って行って!」

 そう言ってくれるのぶに、ちょっと感動した。
 けど……。

「もう会ったよ」

 そう言って立ち去って行く梓に、のぶがはっと俺を振り返った。

「柄沢さん!」


早く引き止めろと言わんばかりに名前を呼ばれる。
 分かってる。分かってるよ、このチャンスを逃したらもうおしまいだって。きっとこれが千載一遇のラストチャンスだ。

「梓!」

 呼び止めるだけじゃ足りない。




******
(小説お借りしています。

  • ツイート
  • ツイート
  • LINEで送る

朔羽ゆきさんの最新作品

朔羽ゆきさんの人気作品

投稿者情報

ファンレター

  • ファンレターはありません

ファンレター欄をもっと見る

TOP